新しい時代をリードする!起業家として成功する為の20の方法

不可能を可能にする方法を模索する。そもそも不可能って何だ?

勢いに任せて言ってしまうなら、不可能などこの世には無いと言い切ってしまいたいところだ。しかし在る。不可能は無いと言い切るのは強さの成すところかもしれない。だが、可能があれば不可能もあるとして受け止めるのもまた強さだろう。私が推奨するのはあくまでも可能も不可能も対等のものとして扱うことだ。

「不可能は無い」という言葉はどこかで一度は耳にしたことがあるだろう。その言葉の意味を誤解してしまう人は多いかもしれないので、まずはその言葉の適切な意訳から説明しておこう。

その言葉の役割は鼓舞だ。己や周囲の者を奮い立たせるための言葉であり、絶対的な理を説くものではない。そうして「例え限界があるとしても私は決して前提から諦めることはしない」という意識を確かに持つことで、諦めたくなってしまう心を律する。とても大事なことであり、言葉にはそんな使い方もある。

だが、それを理として認知してしまえば誤解となる。「36時間後に人類全員で火星に移り住むことが出来るかどうか」私達はそれを一体どんな論理で可能だと言えるのか、というような究極的な問いには誰しも考え至る。「不可能は無い」と言った者も無論問うまでもなく分かっていることだろう。故にもし「不可能は無い」に対して問答をするなら、「鼓舞は必要か?」と問うのが適切だ。

どう足掻いても不可能の多い世界に生きているからこそ、人々はそんな言葉に想いを寄せる。人類は不可能を可能にしていくために生きているようなものだ。先人達は、それまで不可能だと思い込んでしまうようなものでも一つずつ可能にしてきた。これからの人類も同じだ。可能も不可能も、暫定的なものでしかない。

以上の前提を踏まえた上で意識したいのは、可能か不可能かなど決まりきってはいないということだ。今出来る限りでの判断で選択するだけのもの。

そもそも私達には可能かどうかを判断する材料さえ全てを手にしているわけではない。知っていることは限られている。考え尽くせているわけでもない。掴めているものが少ない人の身で、僅かに掴んだものを用いて人々で結託し、前に進んでいく。もどかしいことだが、受け止めなければならない人類の宿命だ。

要するに、可能だと思っていたものが実際にやってみると不可能だったり、逆にいつ自分が不可能だと判断していたものが可能になるかも分からないということ。

ここでは不可能から可能を見出す考え方を初級・中級・上級の三段階で説明する。一貫して重要なのは、判断は絶対ではないということ。

・初級

多くの人に見られるケースとしては、思い込みに固執するあまり可能と判断出来るはずのことを不可能と判断してしまうこと。大抵、その思い込みの正体は「感傷」又は「惰性」だ。考えることを面倒に感じたり、感傷に浸って感情と合理のバランスが崩れると、判断を誤りやすい。惰性と感傷を払拭しよう。

・中級

「他の誰かには可能で自分には不可能」という判断には感傷が伴いやすい。理論的に人の身に可能なことであれば、本当に不可能なのかどうかをよく考え直してみると、可能だと考えられる道筋もあるかもしれない。その場合は、思考や知識が不足していることが多い。先入観を克服してもっと見識を深めれば、それまで知らなかった可能性を見つけ出せることがある。

・上級

初級と中級を踏まえて感傷を乗り越えていれば、誠実な判断も出来るようになるだろう。そこで必要になる不可能を可能にするアイテムは「アイデア」だ。これまでになかった発想を練り出して、方法を創り出す。前例に従うだけでなく、創造力で不可能を可能にする道を切り開こう。

******************************************
不可能を可能にするカードローン、給料日までお小遣いが足りない時に、申し込んですぐ借りれる!

申し込みによっては、最短でなんと1時間で融資が受けられ、申し込みも、24時間webで申し込み可能です。
引用元:初回30日間利息無料!消費者金融事業「プロミス」の内容と審査基準