新しい時代をリードする!起業家として成功する為の20の方法

人も企業も良識が問われる。良識とは何かをよく考えよく知ろう

戦略的に評価を得るための良識の持ち方もあるが、人として社会にどんな良さを求めたいかを考えると良い。そうした本心からの願いであれば、時代の進展と共に本質に目敏くなっていく消費者からの疑いの目を向けられる心配もないだろう。

覚悟で始まり覚悟で終わる。覚悟をした瞬間から全てが始まる

限界を悟った時にこそ覚悟が必要になり、覚悟をした瞬間から限界との闘いが始まる。相反するものを抱えることで、摩擦が生じるようになる。リスクを容認する覚悟が必要なのではなく、成功と失敗といった摩擦のある相反するものを己が手で握る覚悟が必要になる。

「理想を現実にするところまでが理想」人の限界はどこにある?

限界値を前後するだけのことをしていれば、身体に負担を感じることになる。特に、目に見えるようなはっきりとした形で捉えることの出来ない精神的な負担には注意して、予期せぬダウンを未然に防ぎたい。限界と向き合い、打ち勝っていくための有効打は様々にある。

常とは何だ?守るべき常識と壊すべき常識を見極め創造力を解放つ

常識というのは、疑うまでもなく依存出来る認識のことで、それがなければ日常生活にさえ余裕を持てない。しかし、常識に依存するばかりでは先進に必要な創造力が身につきにくい。そうした理由から、守るべき理由と壊すべき理由の二つが同時に存在する。どちらも必要不可欠だ。

Previous Posts Next posts