新しい時代をリードする!起業家として成功する為の20の方法

変わる社会があって事業は成立する。貴方は社会の何を変えたい?

社会を変える、ということは大仰なことではなく、事業の数々があって社会は徐々に変わっていくもの。どんな小さな社会変革意志だって、本気になればなるほど社会を大きく変えていくための一手に成り得るかもしれない。その想いが切実であるのなら、胸を張るべきだ。

社会の問題や不足を敏感に認知出来れば事業の発想もスムーズに

需要を的確に捉えて万人にとって望ましい供給をするには、社会全体や地域の問題と不足を認知する必要がある。そうして、社会の歩むべき未来を見据えられていなければならない。社会問題は数多くあり、言い換えれば私達に出来ること、やらなければならないことは多い。

数ある力を統合的に備えてこその力。一つの力で成せる業はない

力というものは動きとして考える。動かせるということが力であり、動かせるものの数が多ければ多いほど力の数が多いと言える。力というものは統合的に持っていてこそ高いと言えるもの。動かせるものの数と、どれだけ動かせるかの総合値が力の総量となる。

才能は必ずある。己の才と経営者としての優位性に自信を持とう

自信を持つことも自信を持たないこともどちらにも意義があるが、人類には多くの人が自信を失ってしまう自然があるため、自信を持つことを強調する。己に才能があることを前提に、自分にはどんな才があるのかを今一度考え直してみよう。何でも、持っているもの全てが才だ。

Previous Posts Next posts